トップページ › 周辺の観光:グルメ・お土産

おしぼりうどん

昔長野県埴科郡坂城町周辺の郷土料理である。ねずみ大根という大根をすりおろし、布巾で搾った汁に信州味噌を溶かしてつゆを作りうどんをつけて食べる。大根おろしではなく搾り汁を使うという点が特徴。糖度も多く含まれるため辛さのあとに旨さも感じます。
おしぼりうどん

更科そば

蕎麦の実の中心部だけを使った白くてのど越しの良い蕎麦のこと。今でも江戸前では蕎麦といえば更級を指すことが多い。江戸時代信州更級の出身だった布屋が故郷の蕎麦粉を取り寄せて江戸麻布で店を始めたのが最初と伝えられています。
更科蕎麦

※写真はイメージです


信州味噌

棚田で獲れた米や地元の大豆を厳冬期に仕込んだ寒仕込みそが好評です。信州味噌は米味噌で淡色辛口なのが特徴です。職人たちが選び抜いた素材を使って、丁寧に作った味噌はまさに心の故郷の味です。
信州味噌

写真提供:長野県観光機構

キノコ

千曲市ではさまざまな種類の良質なキノコを栽培され、特産のひとつとなっています。また秋には周辺の山で地のキノコも豊富に採れます。信州シメジやクリタケ、舞茸など深みのある味わいはそのまま食卓の主役になります。
キノコ

※写真はイメージです


あんず製品

完熟したアンズは生食にも加工にも向くすぐれもの。ほどよい酸味を残したジャムは大人のティータイムにも相性がよいです。栄養価の高い干しアンズをはじめジュース、シロップ漬け、あんず酢などもお土産に喜ばれます。
あんず

※写真はイメージです

地酒

日毎の月で有名な「姨捨」の棚田と同じ水源の水で仕込まれ、米の香り・酸味・旨味のバランスが絶妙な味わいの逸品「長野銘醸『特別純米 棚田』」など、自然豊かな大地が育てた、地元の「米」と「水」を使った地酒をご堪能ください。
地酒

写真提供:長野県観光機構


地酒

日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれるので、若さ・美しさを保つ働きのほか様々な効用があります。
温泉に入って、飲んで体の内と外からきれいになりましょう。

地酒